ブライダルローンで後悔しない! |活用&補助金【格安婚〆会費婚】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次|ここでわかること

check

  • 結婚式費用が足りてない
  • 引越し代が不足(神戸市,姫路市,加古川市など)
  • ブライダルローンを上手に利用したい
  • 気軽な式を挙げたい
  • 結婚式費用と時間を削減したい
hoshi

こんなお悩みにお応えします

結論
記事概要
  • ブライダルローンについて
  • 結婚式費用の支払い|課題&注意点
  • 結婚に紐づく費用を工面する方法|ブライダルローン&市町村の補助金
  • ブライダルローンが後悔する理由
  • 格安婚・会費婚|概要~会社

ブライダルローンは”借金”です。
本記事ではブライダルローン提供会社のご紹介はありません

hoshi

結婚式へのこだわりはそれぞれです。格安婚が、実はあなたの理想に近いかもしれません。

ブライダルローンとは

  • 結婚にまつわる費用を融資するローン
  • 結婚式
  • 指輪
  • 新婚旅行
  • 引越し
  • 家具/家電 など
  • おもに結婚式費用の補填に利用されます

特徴は、用途が限定されており低金利。
融資では審査基準があり、融資を受けるまでには時間を要します

ブライダルローンの金利|借入上限金額

アイフルによると、

  • 担保:無担保型
  • 金利:3-10% /年
  • 融資までの期間:1-3週間
  • 借入限度額:300-500万
  • 取扱機関:銀行|クレジットカード会社
  • 申込時には必要書類が多く、気軽に借りられるものではありません

結婚式にかかる費用

  • 結婚式には高額な費用がかかります

ゼクシィによると、
結婚式費用の平均総額は約362.3万円
平均招待人数は66.3人

hoshi

ご祝儀が貰えることから、実際の支出が自己負担額となります。

結婚式費用の大きな課題

man

結婚式ってこんなにするんだ…
ご祝儀でカバーしよう。

hoshi

安心するのはまだ早いですよ。
大半の結婚式場は”前払い”で支払うことを求められます。

man

用意できないです…

課題
  • 式費用の支払いにご祝儀を充てられれば、自己資金だけで賄えても、前払いでは、ご祝儀が手元にないため資金が不足した状態
  • 自己負担金額
    • 最終見積-ご祝儀-親援助+式当日の追加料金
hoshi

家計簿アプリは結婚式費用の工面の際に、家計改善や予算管理で活躍します

結婚式費用の支払い方法

注意

①式場以外の外注は、結婚式前に支払う。
②契約は焦らず慎重に。

式の希望日をおさえる仮予約を活用しましょう。
仮予約は無料で、その期間は1週間ほど。

式場の決定は冷静に検討しましょう。

  • 結婚式費用の支払い方法は以下の3つ

前払い

  • 前払い=支払総額ではない
  • 式当日にも費用が発生

前払い|概要

  1. 内金:契約時に5~20万円
  2. 中間金:2ヵ月~数週間前までに概算費用の約半額
  3. 最終支払い:最終見積りから”内金”と”中間金”を差し引いた金額
  4. 式当日:式当日に発生した追加料金
  • 式場によって前払いの方法は異なる
hoshi

前払いはトラブルが起こる可能性が少なく安心です

参考:ゼクシィ公式サイト

後払い

  • 借入せずに結婚式を挙げることも可能
  • 支払いにご祝儀を充てられます

後払い|概要

  1. 内金:契約時に5~20万円
  2. 式の翌日以降に内金を差し引いた全額
  • 後払いに対応している結婚式場は少なく、式場の選択肢は狭まります。
  • 支払金額が用意できなかった場合は、トラブルに発展します。

当日払い

  • 借入せずに結婚式を挙げることも可能
  • 支払いにご祝儀を充てられます
  • 当日払い特有の注意点があります

当日払い|概要

  1. 内金:契約時に5~20万円
  2. 式当日に内金を差し引いた全額
    • 一般的に披露宴が終わったタイミング
  • 注意点
    • ご祝儀の開封作業
    • ご祝儀額が少ないことを踏まえて資金を用意
  • 後払いに対応している結婚式場は少なく、式場の選択肢は狭まります。
  • 支払金額が用意できなかった場合は、トラブルに発展します。
hoshi

せっかくの結婚式が慌ただしくなってしまうかもしれません。
当日払いはなるべく避けたほうがいいかと思います。

結婚に紐づく費用を工面する方法

  • 結婚に紐づく費用を工面する方法を解説

①結婚式費用の工面方法
②引越しに紐づく費用の工面方法

結婚式費用の工面方法

  • ブライダルローンを活用する
具体的な手順
おさえるべき注意点
  1. 結婚式費用を算出
  2. 自己資金の不足分をブライダルローン
  3. ご祝儀で一括返済
  • ご祝儀が予定より少ない
  • 式当日に追加料金が発生
  • ご祝儀でまかなえる範囲でのみ借入

一括返済してしまえば、金利が高くても大きな影響は受けません。
利用条件はブライダルローンを利用する機関に事前に確認を行ってください。

hoshi

結婚式の費用を極力おさえ、自己資金の不足分は両親からを借りるなど、ブライダルローンは極力使わないことが大前提

引越しに紐づく費用の工面方法|エリア限定

  • 市町村の補助金
    • 100万人都市で利用できるのは神戸市のみ
最大60万円まで
対象エリア
  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 初月家賃
  • 引越し代
  • 神戸市
  • 姫路市
  • 加古川市
  • その他、対象市町村
hoshi

対象エリアの方で、詳しくはこちらから
結婚新生活支援事業セミナー

開催日
・10/3(日)
時間:10:30-17:30
1.結婚新生活支援事業セミナー
2.世帯所得試算ブース
3.結婚新生活応援ブース
4.結婚式場紹介ブース
5.体験ブース

ブライダルローン|後悔

後悔につながる理由

結婚式は高額でも、終わるのは一瞬

  • 資産として残らない
  • ブライダルローンが生活を圧迫
  • 住宅ローンの審査に影響する可能性
ローンが終わるまで支払いが続く

毎月の負担が大きく、利息も高額

例)150万円を金利5%で5年間の返済
  • 月額:28,306円(5年間)
  • 利息:198,411円(total)

夢の結婚式を”現実の結婚式”に変えていく必要があります。

格安婚・会費婚|概要

  • プロデュース会社が提供
    • ニーズを捉えた結婚式プロデュースサービス
  • 格安婚

・基本的に自社式場を持たず、結婚式のプロデュースに特化
・プランをパッケージ化して費用を抑えている
 ▶︎準備が楽なメリットが
・契約前に式費用の総額が算出可能
・支払い方法は当日や後日精算
・持ち込み料が基本的に無料
・持ち出し0円で実現できるケースもある

  • 会費婚

・新郎新婦の費用負担が軽い
・ゲストはリーズナブルな会費だけで済む
・プランをパッケージ化して費用を抑えている
・会費婚では決まり事がない分、準備は簡単に済ませられる
・カジュアルな側面が強く、目上の方を招待するのには適さない
・引き出物やご祝儀返しは不要
・ 支払い方法は当日払いや後払い
・持ち込み料が基本的に無料
・持ち出し0円で実現できるケースもある

プロデュース会社|厳選紹介

  • イチオシの格安婚と会費婚サービスをご紹介
  • 格安婚の強みを最大限活かすなら、スマ婚
    結婚したくてもできない人をゼロにしたいとの想いから創業

サロン
渋谷〆銀座〆横浜〆梅田〆神戸〆京都〆名古屋

スマ婚 基本プラン|17点
  • 基本料金198,000円
    格安婚のパイオニア!安心の後日精算
  • 挙式(宴内人前式)
  • ブーケ/ブートニア
  • 司会者
  • 音響スタッフ
  • ドレス(小物一式含む)
  • タキシード
  • 結婚証明書
  • プログラム作成
  • ヘアメイク
  • 新婦洋装着付
  • 招待状・会場地図
  • 席次表・席札
  • 芳名帳
  • ウェルカムボード
  • ご祝儀バッグ
  • アテンド
  • 専属プランナー
STEP
ショールーム・サロン|無料相談

おふたりのご希望に合わせて、おすすめ会場やプログラムなど、適切なプランをご提案いたします。

STEP
お申込み

会場が決まりましたら、おふたりのプランに合わせて見積書を作成いたします。内容にご納得いただけましたら正式にお申込みください。※お申込みの可否は会場の空き状況により異なります

STEP
来店打合せ|3回・その他は電話とメール

お申込み後に1回、挙式3か月前に1回、挙式1か月前に1回の計3回お打合せをおこないます。 1回目ではご希望を改めて伺い、2回目では各種アイテム、引出物の決定、3回目で結婚式にまつわるすべてを決定いたします。それ以外は電話やメールで不明点などを確認できるのでお忙しいおふたりでもスムーズにご準備が可能です。

※打合せ時期はお申込みの時期により異なる可能性があります

STEP
当日

当日は専門スタッフが全面的にサポート。

まとめ

結婚式が高額なのは誰もが知る事実です。
ただし、借金が正しいとは言えません。

hoshi

また、慎重に検討すべきブライダルローンも”状況次第”では、メリットが大きく活用すべき手段に変わります

最後に

ブライダルローンの利用は、ご自身の資産状況をもとに慎重に判断すべきです。
※自己資金とご祝儀で結婚式費用が賄えないのであれば、諦めることも選択肢に

また、格安婚・会費婚を検討することで視野は広がります

補足

金利が一定期間発生しないようなブライダルローンもありますが、
デメリットがあるため、本記事での取り扱いはございません。

シェアのご協力ありがとうございます
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次|ここでわかること
閉じる